本文へスキップ

筑波大学大学院 人文社会科学研究科 Graduate School of Humanities and Social Sciences, University of Tsukuba

歴史・人類学専攻事務室
〒305-8571 茨城県つくば市天王台1-1-1
人文社会学系棟 B216
Tel: 029-853-4403 / Fax: 029-853-4432
  専攻事務室アクセスマップ


 歴史・人類学専攻

在学生Students

 在学生と研究テーマ 中間評価(修士論文)について

在学生と研究テーマ

領域 学年 氏 名 研 究 題 目



1 木村 遼之 明治期の博物館行政について
2 田坂 杏奈 日本近代思想史(由利公正における実学思想の展開)
2 根本みなみ 大名家の御家意識
3 髙野友理香 豊臣政権における対キリスト教修道会交渉
3 金  炫我 植民地下の韓国の護国神社と民衆動員
5 田中友香理 加藤弘之における国家主義思想の研究
5 山石  勉 近世前期政治史(近世初期における幕府大名間の取次関係について)
5 山野龍太郎 東国における武士の地域的連携と政治的発展



1 栾  慎文 山東省における反右派闘争
2 多久孝一郎 18世紀中葉における清朝の対ジューン=ガル政策史
3 河野 峰生 南宋初期政治史
3 関根 知良 清代モンゴル史の研究
3 楊   帆 清代東北史
5 松野 友美 1930年代、華僑の国家観に関する研究
5 岩田 啓介 清代青海ホシュート部史
5 野崎くるみ 清朝・チベット関係史
西


1 菊地  咲 古代メソポタミアにおける死生観/宗教・神学改革
1 水鳥 英夫 19世紀ドイツの教養理念と教育制度について
1 米岡 拓実 前17世紀シッパルにおける書記教育
3 伊藤  敏 近世スイスの社会と軍制
5 袖長 智史 第一次世界大戦時イギリス帝国
5 大曽根 悠 ナチス期ドイツにおけるナチ党古参党員の自伝的手記の研究
5 古舘 陽子 19世紀英国のコミック・ジャーナリズムから考察する中国・中国人の図像学的表象
歴史
地理学
3 髙橋  淳 近代における地方都市の商工業の展開
5 武田周一郎 南関東の斜面林に関する歴史地理学的研究






1 奥山  香 近世銅鏡研究
1 加藤 千里 古墳時代の物流(ガラス)・製作技法・素材
1 工藤 悠大 古代西アジアにおける交易活動
1 久永 雅宏 関東における古墳時代の石製品・石製模造品
1 安井 千穂 レバノンにおけるエジプト支配下での製糸産業
2 Jammo, Sari Hussein Funeral Practice of Skullremoval at the Near East Neolithic
2 BLAJ HRIBAR PETRA 被葬者の性別と副葬品からみた古墳時代の支配構造
3 和泉 直樹 ウルク期における社会の複雑化の諸相
3 田代 恵美 南東アナトリア ハッサンケイフ・ホユック遺跡出土彩色人骨について
3 宮内 優子 西アジア新石器時代における子どもの埋葬
5 荒 友里子 青銅器時代における社会の複雑化
5 大村 冬樹 埴輪の製作技法からみた古墳時代の地域社会
5 中村真衣子 イラン旧ー新石器時代における石器製作技術の変遷
5 増森海笑ダモンテ 西アジア新石器時代における初期定住狩猟採集民の身体と装身具
5 鈴間 智子 日本海域における中近世墓標石材の考古学的研究
5 清家 大樹 先スペイン期ペルー北部高地におけるラクダ科飼養の開始と変遷








1 菊 凛太郎 南西諸島における葬墓制の研究
1 黒河内貴光 荒川区に登録された伝統工芸職人について
1 櫻井 知得 民間信仰、生業と消費経済
1 藤野 哲寛 定期市利用者の民俗学的研究
1 童   威 中国と日本の漁民信仰に関する比較民俗学研究
2 上形 智香 蒼前信仰の変化と存続
2 小森 明里 芸能・祭礼の伝承
2 本田はつな パーソン中心の民族誌の実践
2 No Jae Sang 現代日本の葬儀
3 渡瀬 綾乃 真宗と民俗の交渉と習合
3 清水 博之 民俗文化財の保存・継承と文化財保護行政
4 伊藤  茜 里修験の民俗学的研究
4 宮澤 和樹 タイにおけるムエタイの人類学的研究
4 尾曲 香織 地域における共有物の保管と処分
5 戸邊 優美 民俗社会における女性同士の結びつきに関する研究
5 菊池 真理 スリランカにおける死者儀礼
5 後藤 知美 女将の生活誌
5 田本はる菜 台湾原住民族の文化復興をめぐる人類学的研究
5 廣田 龍平 東日本大震災における、死者との関係性の再構築
5 松岡  薫 芸能の伝播と受容に関する民俗学的研究
5 後藤 健志 ブラジルの農地政策と農村社会運動に関する人類学的研究
5 小畑 紘一 柱松の研究
5 岡田 朋子 北インドの婚姻と「サマージ(社会)」
東アジア
現代歴史
・民俗
5 隋   藝 中国東北地域民衆教育および国民意識の形成について
5 胡  艶紅 中国太湖流域における大型漁船漁民社会の変容
地中海・
西アジア
4 辰巳 祐樹 地中探査から見た西アジア先史時代社会の変遷


このページの先頭へ

中間評価(修士論文)について

本専攻は博士課程5年一貫制のカリキュラムとなっており、課程修了の要件の一つとして、2年次に修士論文を提出して中間評価を受けなくてはなりません。中間評価の合格者には「修士(文学)」の学位が授与されます。

【過去5年間の中間評価論文(修士論文)題目一覧】(PDF)

このページの先頭へ