本文へスキップ

筑波大学大学院 人文社会科学研究科 Graduate School of Humanities and Social Sciences, University of Tsukuba

歴史・人類学専攻事務室
〒305-8571 茨城県つくば市天王台1-1-1
人文社会学系棟 A822
Tel: 029-853-4403 / Fax: 029-853-4432
  専攻事務室アクセスマップ


 歴史・人類学専攻


武井 基晃TAKEI, Motoaki

研究内容 ① 下級武士団の子孫の家を調査し、先祖の由緒が現在まで意味を持ち、そのことが、縁―史縁―として現れる状況、またその歴史や史蹟が町全体のイベントに利用される現状について考察しています。調査地は岩手県南の旧仙台藩領だった町です。
② 琉球王府時代末期、首里から移住したサムレー(士)が開拓したヤードゥイ(屋取)を調査し、サムレーの子孫による祖先祭祀や門中の総本家との関係を維持するための系図作りを通して、現在の沖縄の門中制度について考えています。
③ 台湾の祖先祭祀、廟を中心として展開される祭り、また農産品や古い町並みを生かした観光農村についても興味を持っています。
学生への一言 まずは目の前の事例から考え始めてみましょう。
研究業績等(筑波大学研究者総覧へリンク)