本文へスキップ

筑波大学大学院 人文社会科学研究科 Graduate School of Humanities and Social Sciences, University of Tsukuba

歴史・人類学専攻事務室
〒305-8571 茨城県つくば市天王台1-1-1
人文社会学系棟 A822
Tel: 029-853-4403 / Fax: 029-853-4432
  専攻事務室アクセスマップ


 歴史・人類学専攻


谷口 陽子TANIGUCHI, Yoko

研究内容 考古科学・保存科学研究
テーマ モノの材質やそれを利用する技術について、人文科学的な側面とあわせて自然科学的な側面から、その普遍性について意識をしつつ研究することに興味を持っています。とくに近年は、中央アジア諸国の壁画の彩色材料と技法について調査をしています。
・バーミヤーン遺跡仏教壁画をはじめとする中央アジア壁画の保存修復のための研究調査および彩色材料や技法の分析
・銅系の緑色顔料など有機金属塩の生成と劣化機構に関する研究
・石灰岩製文化遺産の修復材料に関する研究 など
学生への一言 筑波大学の人文学類を卒業した後、東京藝術大学大学院、ゲティ保存研究所(米国)、マルタ国立修復センター(マルタ共和国)、東京文化財研究所などを経てきました。アフガニスタン、インド、エジプト、中国、キューバ、シリア…さまざまな国、地域で、さまざまな人々とフィールドをともにしながら得た経験は何事にもかえがたいものです。研究を築き上げていくためには、自分で見る、触る、作る、考える、といった基本が大きなヒントを与えてくれると思います。
研究業績等(筑波大学研究者総覧へリンク)