本文へスキップ

筑波大学大学院 人文社会科学研究科 Graduate School of Humanities and Social Sciences, University of Tsukuba

歴史・人類学専攻事務室
〒305-8571 茨城県つくば市天王台1-1-1
人文社会学系棟 A822
Tel: 029-853-4403 / Fax: 029-853-4432
  専攻事務室アクセスマップ


 歴史・人類学専攻

教員紹介Academics


日本史学  東洋史学  西洋史学  歴史地理学
先史学・考古学  民俗学・文化人類学
現代東アジア歴史・民俗研究  地中海・西アジア研究

  領域(コース)紹介へ戻る

日本史学 日本史学領域(コース)では、古代から現代に及ぶあらゆる時代の専攻希望に対応しうるスタッフを揃え、ゼミを中心としつつも、史料学や実習も取り入れた多角的なカリキュラムを準備しています。課程修了者は、各地の大学をはじめ、博物館・文書館等でも活躍しています。
伊藤 純郎 地域社会史(近代・現代史)
中野目 徹 思想史(近代史)
浪川 健治 社会経済史(近世史)
朴  宣美 文化交流史(近代・現代史)
三谷 芳幸 日本法制史・経済史(古代史)
山澤  学 宗教社会史(近世史)
このページの先頭へ

東洋史学 東洋史学領域(コース)は、中国とその周辺領域(内陸アジア、海域アジア)のアジアの広範な領域をカバーし、時代的にも、近現代とこれにつながる前近代史を専門とするスタッフで構成されています。研究においては第一次史料の使用を重視しています。そのために、漢文をはじめ満洲語といった特殊言語の文字史料およびフィールドワーク・データの収集、解析の方法について具体的できめ細やかな指導をおこなっています。
丸山  宏 中国宗教社会史
山本  真 中国・台湾近代・現代史
上田 裕之 中国経済・財政史
このページの先頭へ

西洋史学 西洋史学領域(コース)教員の専門分野は、古代オリエント(山田・柴田)、アメリカ合衆国(佐藤)、イギリス帝国(津田)と様々。扱っている史料の言葉も、ドイツ語、アッカド語、英語と色々。皆それぞれ、専門分野を中心に深く研究しつつ、広く西洋を考える歴史的センスを磨きたいと思っています。
山田 重郎 オリエント史(アッシリア学)
佐藤千登勢 アメリカ史(合衆国史)
柴田 大輔 西アジア宗教社会史・楔形文字文書学
津田 博司 イギリス帝国史(カナダ・オーストラリア史)
村上 宏昭 ヨーロッパ史(ドイツ近代・現代史)
このページの先頭へ

歴史地理学 歴史地理学は、時間と空間の両側面から地域の特質を究明する分野です。歴史地理学を専門とする大学院のコースが設置されている大学は日本でも例が少なく、そのため,当領域(コース)は大変ユニークな存在ということができます。教員の主な専門領域は歴史文化地理学(小口)と日本とアジアの歴史地理学研究(中西)です。カリキュラムの特色としてはゼミとフィールドワークの実習に重点を置いており、修了者は各地の大学をはじめとする教育機関等で活躍しています。
小口 千明 歴史地理学(歴史文化地理学)
中西僚太郎 歴史地理学(日本・アジア)
このページの先頭へ

先史学・
考古学
幅広く先史学と考古学の研究と教育を行っている領域(コース)です。時代は人類の起源と関連する問題から現代まで、地理的には日本、中央アジア、西アジアなどで調査、研究を行っています。教員の主な専門領域は、狩猟採集民社会、農耕や都市の起源、国家体制、冶金術などのパイロテクノロジー、葬送儀礼、考古科学、文化財の保存修復などの研究です。
常木  晃 考古学(都市形成・葬送)
三宅  裕 先史学(生業・技術)
滝沢  誠 考古学(国家形成・古墳)
谷口 陽子 先史学(文化財科学)
このページの先頭へ

民俗学・
文化人類学
本領域(コース)は、文化人類学と民俗学を専攻するコースであり、アフリカ、南アジア、東南アジア、オセアニア、東アジア、日本でのフィールドワークを基盤として、環境・経済・政治・社会・宗教等文化の諸側面について研究と教育を進めている。教員の主な専門分野は、比較民俗論、民俗宗教、生業経済、社会構造、東アジアと日本の民間信仰、南インドの近代政体、オセアニア島嶼部の移民、東アフリカ遊牧民の生態と社会、等です。
内山田 康 社会人類学(インド他・存在すること知ること)
徳丸 亜木 日本民俗学(信仰伝承論・歴史伝承論)
古家 信平 日本民俗学(儀礼伝承論)
中込 睦子 日本民俗学(社会伝承論)
中野  泰 民俗学(社会構成論)
木村 周平 災害の人類学(トルコ・日本)
武井 基晃 日本民俗学(社会伝承論)
OTSUKI, Grant Jun 科学技術の文化人類学、STS(ウェラブル・ロボット技術、日本・北米)
このページの先頭へ

現代東アジア
歴史・民俗研究
中国文明を形成し、またその影響を受けながら独自の発展を遂げ、現在も躍動と変容を示している東アジア諸社会、すなわち日本を含む中国、台湾、朝鮮等を研究対象地域とします。本領域(コース)においては、歴史学と民俗学の研究手法を融合させて東アジア地域の現代社会が抱えている諸問題にアプローチします。
徳丸 亜木 日本民俗学(信仰伝承論)
古家 信平 日本民俗学(比較民俗論)
丸山  宏 中国宗教社会史
山本  真 中国社会経済史(近現代)
武井 基晃 日本民俗学(歴史伝承論)
このページの先頭へ

地中海・
西アジア研究
人類の出アフリカの出発点となり、農耕や牧畜、冶金術、文字といった画期的な技術、都市国家、領域国家などのさまざまな革新的社会システム、さらにキリスト教やイスラームなどの世界宗教をも生み出し、現代文明の基盤を準備した古代西アジア、地中海世界の歴史を探究します。そうした研究を深めることで、文明の衝突論などを克服し、他者を理解し自己を相対化できる人材の育成を目指します。
常木  晃 西アジア考古学、日本考古学(都市形成・葬送)
三宅  裕 先史学(西アジア生業技術)
山田 重郎 アッシリア学、古代オリエント研究
柴田 大輔 古代メソポタミア宗教史(アッシリア学)
谷口 陽子 先史学(文化財科学)
このページの先頭へ

特任研究員・事務員
岩田 啓介 特任研究員
中里 亮平 事務補佐員
平山 惠子 総務

このページの先頭へ


  領域(コース)紹介へ戻る