茨城県つくば市水守桜塚古墳出土 首飾り

 桜塚古墳は古墳時代前期(4世紀)の前方後方墳である。

 当資料は被葬者の首のあたりからまとまって出土した。メノウ製の勾玉と緑色凝灰岩製の管玉から構成される。被葬者はほかに、ガラス小玉と管玉からなる手玉や 管玉からなる足玉、そして石釧とよばれる石製腕飾を身につけていた。

 副葬品として変形四獣鏡が出土している。(種石)


Copyright (c) 2000 Prehistory and Archaeology Course, Doctoral Program in History and Anthropology, Univ. of Tsukuba.All rights reserved.


筑波大学人文社会科学研究科歴史・人類学専攻 先史学・考古学コース
Prehistory and Archaeology Course, Doctoral Program in History and Anthropology, Univ. of Tsukuba
Fax. 0298-53-6297 / Email
tap1973@hotmail.co.jp
305-8571 つくば市天王台1-1-1
1-1-1 Tennodai, Tsukuba 305-8571, Japan