ホーム

//



















































previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
PlayPause
Slider

筑波大学大学院人文学学位プログラム / 人文社会科学研究科

 新着情報

2021年5月21日

大学院生および修士・博士論文を更新しました。

2021年5月8日

歴史・人類学専攻で長く学生指導にあたってこられた小口千明先生のご逝去の報に接し、謹んで哀悼の意を表します。

2021年4月27日

2022年度入試情報(2022年度4月入学者)を掲載しました。

2021年3月30日

2021年度カリキュラム情報、2022年度入試情報(2022年度入学者)を更新しました。

2020年12月30日

2021年1月14日(木)第3回「レキジン・アトリエ Season 3」(人文社会科学研究群公開講座)をオンライン開催します。事前登録不要、どなたでも参加できます。プログラム、参加方法の詳細はこちらからご確認ください。

2020年11月29日

12月15日(火)第2回「レキジン・アトリエ Season 3」をオンライン開催します。事前登録不要、どなたでも参加できます。

2020年10月26日

11月11日(水)に人文学学位プログラム大学院進学説明会(オンライン)が開催されます。進学を検討されている方、興味をお持ちの方はぜひご参加ください。事前参加登録制になりますので、こちらからお申し込みください(11月8日締め切り)。

歴史・人類学サブプログラム / 歴史・人類学専攻※では、歴史学と人類学における基盤的な専門領域研究への深いまなざしと、今日の学問状況に対応し得る先端的な研究手法を育成し、それを軸として、関連する人文・社会系の研究分野への新たな展望を切り拓き、学界や社会に対して貢献し得る研究者を養成することを目的としています。サブプログラムには、大きく歴史学分野と人類学分野の二つを設置し、それぞれの分野は複数の専門領域(コース)を包含しています。歴史学分野は、その専門領域として日本史学、東洋史学、西洋史学、歴史地理学より、人類学分野は先史学・考古学、民俗学・文化人類学より構成されます。大学院生は、特定の領域に所属し、その専門分野における研究力を深めるとともに、それぞれの研究テーマに即して、関連する領域の授業も広く受講し、その視点を広げることができます。学会誌への論文投稿や学会発表、そして修士論文・博士論文の執筆を通じて、研究者として、あるいは高度職業人として研究や社会実践の場で活躍し得る能力を育成します。

※ 筑波大学は、2020年4月より大学院課程を学位プログラム制へ全面移行し、「6研究科85専攻」から「3学術院・6研究群」へ改組・再編しました。そのため、2020年度以降の入学者は、「筑波大学大学院 人文社会ビジネス科学学術院 人文社会科学研究群 人文学学位プログラム 歴史・人類学サブプログラム」に、2019年度以前の入学者は「筑波大学大学院 人文社会科学研究科 歴史・人類学専攻」に所属します。いずれも、修了要件を満たすことで、修士(文学)、博士(文学)の学位が授与されます。